医療関係者向けサイト ノーベルパーク

学会・講演会

第15回日本脳神経外科光線力学学会 ランチョンセミナー 脳腫瘍に対するPDDとPDTの役割


第15回日本脳神経外科光線力学学会 ランチョンセミナー
脳腫瘍に対するPDDとPDTの役割
NEW

日時:2019年9月19日(木)12:15~13:15
会場:ホテルグランドヒル市ヶ谷 東館2階 白樺の間

座長:成田 善孝 先生(国立がん研究センター中央病院 脳脊髄腫瘍科長)
演者:新田 雅之 先生(牛久愛和総合病院 脳神経外科部長)

チラシのPDFはこちらをクリックしてください。

低亜鉛血症WEB講演会 透析患者の栄養障害と低亜鉛血症


低亜鉛血症WEB講演会
透析患者の栄養障害と低亜鉛血症

日時:2019年 9月19日(木)15:00~15:40
演者:加藤 明彦 先生(浜松医科大学医学部附属病院血液浄化療法部 病院教授)

チラシのPDFはこちらをクリックしてください。

第72回中国四国産科婦人科学会 学術講演会 ランチョンセミナー1 LEP連続投与の意義と使用経験


第72回中国四国産科婦人科学会 学術講演会 ランチョンセミナー1
LEP連続投与の意義と使用経験
NEW

日時:2019年9月21日(土)12:30~13:20
会場:米子コンベンションセンター 第2会場(3階 第2会議室)

座長:前田 長正 先生(高知大学医学部 産科婦人科学講座 教授)
講演I:LEP連続投与の意義
演者I:谷口 文紀 先生(鳥取大学医学部 生殖機能医学分野 准教授)
講演II:月経困難症に対する私のLEP処方
演者II:八田 真理子 先生(ジュノ・ヴェスタ クリニック八田 院長)

チラシのPDFはこちらをクリックしてください。

第46回日本小児臨床薬理学会学術集会 教育セミナー2 +3SDの小児科医が-2SD未満の児と向き合って考えること~亜鉛製剤の位置づけを模索して~


第46回日本小児臨床薬理学会学術集会 教育セミナー2
+3SDの小児科医が-2SD未満の児と向き合って考えること
~亜鉛製剤の位置づけを模索して~

日時:2019年 9月29日(日)12:10~13:10
会場:ロイトン札幌(3階)第1会場 ロイトンホールABC

座長:瀧谷 公隆 先生(大阪医科大学 医学教育センター(小児科)専門教授)
演者:田中 敏博 先生(JA静岡厚生連 静岡厚生病院 小児科 診療部長)

チラシのPDFはこちらをクリックしてください。

第28回日本婦人科がん検診学会 総会・学術講演会 スポンサードセミナー2 子宮内膜症治療と検診への応用


第28回日本婦人科がん検診学会 総会・学術講演会 スポンサードセミナー2
子宮内膜症治療と検診への応用
NEW

日時:2019年9月29日(日)14:30~15:30
会場:奈良春日野国際フォーラム 甍~I・RA・KA~1階 第1会場「能楽ホール」

座長:小林 浩 先生(奈良県立医科大学産婦人科学教室 教授)
講演I:月経困難症に対するLEP製剤の連続投与の意義
演者I:丸山 哲夫 先生(慶應義塾大学医学部産婦人科学教室 准教授)
講演II:卵巣癌の発がん機序の解明と予防、検診への応用
演者II:小林 浩 先生(奈良県立医科大学産婦人科学教室 教授)

チラシのPDFはこちらをクリックしてください。

低亜鉛血症WEB講演会 DAA治療による肝線維化改善効果と亜鉛製剤による介入を考える


低亜鉛血症WEB講演会
DAA治療による肝線維化改善効果と亜鉛製剤による介入を考える

日時:2019年10月15日(火)18:00~18:30
座長:片山 和宏 先生(大阪国際がんセンター 副院長 臨床研究センター長)
演者:榎本 大 先生(大阪市立大学大学院医学研究科 肝胆膵病態内科学 准教授)

チラシのPDFはこちらをクリックしてください。

低亜鉛血症WEB講演会 IBD治療における“残余リスク”~亜鉛が調節する炎症応答~


低亜鉛血症WEB講演会
IBD治療における“残余リスク”
~亜鉛が調節する炎症応答~

日時:2019年10月28日(月)18:30~19:10
座長:中村 志郎 先生(兵庫医科大学 炎症性腸疾患学講座内科部門 教授)
演者:内藤 裕二 先生(京都府立医科大学 消化器内科 准教授)

チラシのPDFはこちらをクリックしてください。

ラパリムスゲル0.2%WEB講演会 ラパリムスゲル、この1年


ラパリムス®ゲル0.2%WEB講演会
ラパリムス®ゲル、この1年
NEW

日時:2019年10月29日(火)18:00~18:30
演者:波多野 孝史 先生(JR東京総合病院泌尿器科 担当部長)

チラシのPDFはこちらをクリックしてください。

第53回日本てんかん学会学術集会 ランチョンセミナー10 結節性硬化症の治療変革


第53回日本てんかん学会学術集会 ランチョンセミナー10
結節性硬化症の治療変革
NEW

日時:2019年11月1日(金)12:15~13:15
会場:第4会場 神戸国際会議場 5F 502

座長:山本 仁 先生(聖マリアンナ医科大学寄付講座 特任教授)
講演1:結節性硬化症に対するmTOR阻害薬を用いた最先端治療
演者1:岡西 徹 先生(聖隷浜松病院てんかんセンター小児神経科 主任医長)
講演2:結節性硬化症の皮膚病変に対するラパリムス®ゲル外用の治療効果
演者2:茂木 精一郎 先生(群馬大学大学院医学系研究科皮膚科学 准教授)

チラシのPDFはこちらをクリックしてください。

第73回国立病院総合医学会 ランチョンセミナー6 結節性硬化症の診療 Up to Date


第73回国立病院総合医学会 ランチョンセミナー6
結節性硬化症の診療 Up to Date
NEW

日時:2019年11月8日(金)12:45~13:45
会場:第7会場(名古屋国際会議場 1号館 4F レセプションホール西)

座長:今井 克美 先生(国立病院機構静岡てんかん・神経医療センター 副院長)
講演1:結節性硬化症を知ろう!-疾患概念から診療連携まで-
演者1:池田 浩子 先生(国立病院機構静岡てんかん・神経医療センター 小児科)
講演2:結節性硬化症に伴う皮膚病変を見逃がさない!-診断とラパリムスゲルを使った最新治療-
演者2:吉田 和恵 先生(国立成育医療研究センター 皮膚科 診療部長)

チラシのPDFはこちらをクリックしてください。

低亜鉛血症WEB講演会 在宅診療から見えてきた!高齢患者の亜鉛不足


低亜鉛血症WEB講演会
在宅診療から見えてきた!
高齢患者の亜鉛不足
NEW

日時:2019年11月12日(火)13:00~13:40
演者:守上 佳樹 先生(医療法人双樹会よしき往診クリニック 院長)

チラシのPDFはこちらをクリックしてください。

JDDW 2019 Kobe ブレックファーストセミナー7 Challenge!腸管粘膜透過性からIBD治療を再考する


JDDW 2019 Kobe ブレックファーストセミナー7
Challenge!
腸管粘膜透過性からIBD治療を再考する

日時:2019年11月21日(木)8:00~8:45
会場:ポートピアホテル 和楽(第10会場)

司会:日比 紀文 先生
        (北里大学北里研究所病院 炎症性腸疾患先進治療センター センター長)
演者:鈴木 康夫 先生(東邦大学医療センター佐倉病院 IBDセンター センター長)

チラシのPDFはこちらをクリックしてください。

JDDW 2019 Kobe ランチョンセミナー41 低亜鉛血症に対する亜鉛補充の肝予備能改善を考える


JDDW 2019 Kobe ランチョンセミナー41
低亜鉛血症に対する亜鉛補充の肝予備能改善を考える

日時:2019年11月21日(木)12:30~13:40
会場:ポートピアホテル 偕楽3(第9会場)

司会:西口 修平 先生(兵庫医科大学内科学(肝・胆・膵科)主任教授)
講演1:長期亜鉛補充による肝予備能改善を考える
演者1:法水 淳 先生(大阪労災病院 消化器内科・肝臓内科 部長)
講演2:肝硬変患者に対する酢酸亜鉛投与の有用性~100例を超える臨床経験から~
演者2:小関 至 先生(札幌厚生病院 肝臓内科 主任部長)

チラシのPDFはこちらをクリックしてください。

低亜鉛血症WEB講演会 消化器がん化学療法に伴う味覚障害~低亜鉛血症の合併と亜鉛補充~


低亜鉛血症WEB講演会
消化器がん化学療法に伴う味覚障害
~低亜鉛血症の合併と亜鉛補充~
NEW

日時:2019年12月3日(火)18:00~18:30
演者:那須 淳一郎 先生(岡山済生会総合病院 内科診療部長・内視鏡センター長)

チラシのPDFはこちらをクリックしてください。


ページのトップへ

医療関係者向けサイト ノーベルパーク

Nobel Parkは、弊社医療用医薬品を適正にご使用いただくため、医療関係者(医師、歯科医師、薬剤師、看護師など)を対象に情報を提供しています。一般の方および国外の医療関係者に対する情報提供を目的としたものではありませんので、ご了承ください。

医療関係者ですか?

医療関係者以外の方はこちら

よくある質問 Q&A ご利用にあたっての注意

ここに掲載されているQ&Aは、医療従事者のみなさまから良くいただく主な質問とその回答をまとめた、医療従事者向けの内容です。
これらの情報は、製品の適正使用に関する参考情報であり、すべての患者様に適応されるものではございません。従いまして、本Q&Aの利用によって生じた結果につきましては、責任を負いかねますのでご了承ください。
また、許可なく複写、複製、転載、改変などを行う事はご遠慮願います。
製品のご使用にあたっては、最新の添付文書をご確認頂くか、弊社担当MRまたはカスタマーセンターにお問い合わせください。